読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳汁置き場

アスペの呻吟愚タイム

10年ぶりの小林秀雄

孤独

19歳や20歳の頃に小林秀雄をなんとなく読んだけど、そのときは現代文に小林秀雄の文章が出題されかねないからという理由で読んだり、友達が読んでたからという、自分の動機からは遠い理由で読んでおりました。そのときは、モーツァルトについてのアレを読んだけど、ほぼ理解してなかった。

 

今回は学生との対話をしてる文庫が出ていて、最果タヒが売ってなかったので、なんとなく買った。動機としては、電車やバスで待つことになったからキヨスークで週刊フラッシュでも買おうと思うようなものと寸分違わず、スンドゥブ食わず。(食わず嫌い)

 

しかしながら、今回は、さすがに10年の間に自分の見聞は5ミリくらい広まったので、ほんの少しだけ、小林秀雄の脳梁に橋をかけて、その世界の入り口に生えてる苔の深い青さくらいは、わかったつもりになった。つまり、本質的には微塵も理解せず、ミシンも破壊せず(お利口さん、 he got sun)

 

改めて、小林秀雄の守備範囲を見てみると、けっこうキョロキョロしているように思えた。ベルグソンの考えが核になってるように外側から見える。漏れはベルグソン読んでも全く何もわからなかった。解説本もそれこそ、2008年頃に図書館で借りて読んだけど、???という感じで、その時期はそれよりもガンプラを作っていた。ガーベラテトラ

 

晩年に本居宣長を長期連載するものの、そこに至るまではいろんなテーマを取り扱っている。それがなんだか、ADHDあるいはアスペルガーの兆候に見えた。ADHDなら、多動的思考で興味がコロコロ、アスペルガーなら、アイデンティティの拡散でやりたいことがハッキリしないというような感じ。

 

対話を見ていても、若い頃は目標・理想なかった、とか、自分を見てても自分はわからん!というような、自分を探索したような話しぶりが目立つ。

 

そのことを感知すると、少なくとも10年前よりは、言ってることが頭に入ってきた。10年前は、小林秀雄、関節技が得意そうな顔してる・・・くらいの共感しか無かった。今は、漏れも、自分自身を見つめても何もわからず、自分なのに自分が影のようだなあと感じていた。これだあ!と思っても、確証がなく、すぐ気持ちが変わる。これやりたい!は「興味がある」くらいの意味であり、すぐ飽きる。ガンプラだって、ガーベラテトラ以降は、作ってない。

 

歴史は鏡なんや!過去の自分は他人なんや!というのを読むと、他の人の自伝を読んだときの謎安心感、過去の自分の興味を振り返るときは何らかの確信があることと対応するので、納得できた。

 

小林秀雄の評論が、どちらかというと小説に近いのは、そういうわけなんやろなあ、と。つまり、評論自体が、評論してないで、評論される側になってる。見せかけは評論、中身は芸術なのだなあ、と。苦しさ、不安、迷いをぶつけて、調べて、読んで、書いてたのが、小林秀雄なのか、と。それがなぜか、作ったのが評論だったから、ややこしいという。

 

やっぱ、就活の自己分析への違和感、というか、恐怖で自己崩壊を迎えたのだけど、その感覚は当たっていたのかな。箇条書きにしたいできるアイデンティティなんて、無いでゴワス。

 

小林秀雄ですら、晩年まで探索していたとするならば、小林秀雄の脳味噌活動量に比べて1パーセントくらいしか脳の動かぬ漏れの自分探しが、かなり時間がかかってしまうのは、やむをえぬことだ。個性が無いのが個性、と、ジムカスタムのような自己認識をするしかない。頭カラッポのほうが、夢詰め込める・・・そのわりに、知らんことが多すぎる。

 

自分も、本居宣長が対象ではなくとも、参考に出来る人を見つけたらいいのだなあ、と思った。サッカーなら、サネッティネドヴェドあたりが、アスペ感を出している、特にネドヴェド。しかし、どちらも既に引退しているし、どういう人なのか伝える資料も、そんなに豊富では無い・・・グヌウウ!

 

まあ、いっか・・・(投げやりンゴ)

 

 

ハチワレンコ氏、メスか?

野良猫 散歩

ネコストップに行くと、ファットマン大佐以外はいた。ヨモビビリが最近、エサをあまり食べない。ひたすら、ハチワレンコにエサを投げつける。箱の中にいるゲス・ザ・ボスを起こしてエサを食べさせると、ボスが鳴きながらハチワレンコに駆け寄っていった。どうも、様子が怪しく見える。セクハラする人とされる人のように見える。

 

ハチワレンコは体つきがオスっぽいから、性器を確認してないけど、オスだと思っている。けど、もしかしたら、メスなのかもしれない。ボスに狙われている。

 

帰ろうとしたら、マッカビ・テルアビ子が、小石で遊んでいた。小石を生き物と思っているらしく、ネコパンチ、ネコ掌底でもてあそんでいた。それを見てると、やっぱりまだ子猫だよなあと思った。そんな子猫を、ボスは・・・。

 

その後、散歩。

 

氷で足が滑ったとき、上半身の動きでバランスを取るけど、変な姿勢になるので、転んだのと同じくらい、恥ずかしくなる。急に腕が動く人になる。

 

ネコは好きだが、世界はしんどい。

 

人間が一番恐ろしい

 

 

嫌われアスペの一生

野良猫 孤独

 野良猫たちにカメラを向けすぎたのか、今日はゲス・ザ・ボスにあまりかまってもらえなかった。それで、急激に鬱になった。自分のやっていることのすべては間違いなのでは無いか。そういう気持ちになり、街ゆく人がみな、漏れを笑っている気がした。

 

 家に帰って休んでいると、最近あった嫌な出来事、不安が一気に噴出して、脳が腐った燻製のようになった、実際は腐りにくいはずだが。

 

 人前で自分は話しすぎてしまっているのではないか。傲慢なのではないか。

 周囲の人や雰囲気に流されているだけなのではないか。自分など、無いのでは無いか。

 

 ちょうど、散歩の時、太陽が自分の背後にあって、自分の影を自分で追うように歩いた。これは、(自分本体では無いもの=影)の後を自分が従って追うということで、自分の行動も、そういった実態の無い虚構の自分と思われるものに左右されてることを示唆してる気がした。

 

 操り人形はまだ、使い手の意思に忠実であるだけマシだ。漏れは、もともと不確かな自分の影という、実体の無いものに何かを見いだそうとしているのだから。

 

まずいことやったら罪悪感が相当にあるので、自分はサイコパスではないはずだけど、要素は持ってるように思えてきた。

 

実際は、単なるアスペなのだが。

 

気づいたことをダイレクトにバンバンしゃべって、むやみに人を傷つけてる気がする。

 

けれども、失言で嫌われたときは、相当に落ち込む。

 

だから、アスペルガーなんだと思うけど、サイコパスとかぶるところもあるわな。

 

それを考えて、布団の中で戦々恐々とす。

 

そして、実際は、サイコパスに餌食にされてることのほうが、多い。

 

そっちのほうが、生きてく上で問題だよ・・・ハァ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡丹と薔薇

妄想アメトーーク 牡丹と薔薇

もう、名シーン、名セリフを先に作って、あとからストーリーを当てはめたほうが、手っ取り早いのでは・・・

 

今日は、何にも出来事が無い。お家で閑暇ッ、閑暇ッ、とヒマリズムを刻む

 

昔にやってたドラマの、牡丹と薔薇は、アメトーークで取り上げるやすい素材だと思う。奇天烈な劇中エピソードばかり。想像妊娠、ベルトで鞭、たわしハンバーグ、飛行機事故のとき、遺体の回収でアジア系の人と揉める、小沢真珠の部屋の本棚に並んでる本がドラマのセットより現実感を出している、性に関するネタがやたら多い、など、ほとんどトッピングが主役になってしまってるカレーのようだった。

 

話の筋自体は、斬新さは感じなかったけど、余計に思える描写が笑いを生み出したので、ギャグとして見ていた。大河内奈々子の幸薄フェイスと、期待通りに降り注ぐ苦難。それだけなら、べたべただけど、話の展開上、強姦が演出として不可欠でもないのに、とりあえずレイプされるし、犯人も急に肉体派の黒人俳優が出てきて、悪ふざけにも思えた。

 

というか、悪ふざけだった。

 

 

しかしながら、べたべたの展開×ギャグ要素という組み合わせだったので、あんがい斬新すぎずに、ほどよくアバンギャルドな印象が出た。最終回以外は笑って観た。自分の持ってるベースの色が白だったので、ベースには大河内奈々子という名前を付けた。

 

メロドラの新境地だったに違いない。日本版モンティパイソンと題しても、それほど違和感が無い。もしくは、放映時期的にも、実写版プリキュア

 

そして、人間の感情のやりとりがメインではないからこそ、漏れのようなアスペリブの若者も楽しむことが出来たわけだ。

 

つまり、漏れは、人として最低ということ。

 

奇人として生きるしか無い。

 

 

猫ウォッチャーの戦い

野良猫 孤独

ポメラニアン!(犬)

 

通院して市役所に行かざるをえなかった後、久しぶりにツタヤに行きました。内装が変わっていて、俯いていたから勢いで少女漫画のコーナーに突入してしまう。恥ずかしい行為である。慌てて少女漫画を買い求める30歳のヒゲ人間。そういう人間を認めることも、多様性だ(自己弁護)

今日のツタヤはマンマークがきつかった。最果タヒの本を買おうとしたら、売って無くてチョロチョロしてたら、屈強な女性店員が挨拶してきた。

 

「いらっしゃいませ~(出来るだけ高いもの買って。できるだけ早く店から去れ!)」みたいな顔をしていた。ツタヤの店員というのは、雇用喪失都市・岩見沢においては、花形の職業なのだ。実際、文化喪失都市・岩見沢においては、サブカルに飢える一般ピーポーに対してサブカル物を供給する責任がツタヤ店員にはある。

 

なので、店員には頭が上がらぬ。ションボリと、地獄のミサワの漫画を探していると、青年漫画コーナーに似つかわしくない、くすんだジャンパアを着た老人が、いきなり漏れの隣に来た。とっさに漏れは、「あ、こいつ、覆面のアレか?」と思った。別に物を盗む気は無い。けれども、隣に自分を警戒してる人がいたら落ち着かない。なので、その場を離れました。

 

せっかく、漏れがひさしぶりにツタヤにきて、米澤先生の2巻があったら買おうと決心しているのに、マンマークをつけられたら、いい気にはならない。米澤先生はamazonで買うことにする。

 

ツタヤももう、時代遅れの業態になったのだなあと思い、泣きながら一気に文庫を一冊、買いました!

 

ツタヤに行くと、どうしてもガチャポンをチェックしてしまう。

 

でも、いつもほしいガシャポンは無い。

 

仁義なき戦いのガチャポンが、やりたいのに・・・。

 

野良猫を見に行くと、先客のおばさんが二人いて、ニヤニヤしていた。漏れは真顔で、エサを投擲した。おばさんたち、早く去れ、と思っていた。猫は可愛い、おばさんは、可愛くない。

 

ところで、近年は熟女とされる年齢が下降しすぎに思える。33歳くらいでも、下手したら熟女のカテゴリー。おかしいよ。それくらいの年齢になったら、いったん引退して、40歳くらいで復帰しろ!(注 サッカーの話です

 

で、猫は普通でした。平和、平和。ネコ&ピース。リズム&暴力。

チャゲ&アボンダンシェリ ドム&ジェロ 肉&そぼろ ボディ&ソウル

 

ネコにカメラを向けすぎて、嫌われた気がするから、しばらく撮影をやめる。

 

今日は、アビ子がいなかった。ハチワレンコが、雪を食べてて、水が飲みたい感じがしていた。ネコがいたほうが、絶対、和む。ネコのいる古本屋があるけど、あそこは最高だった。かといって、テレビのCMとかでネコが起用されてると、安直な気もする。

まあ、ネコの次は、マティス国防長官ブームがきますから。

 

顔がロブ・ハルフォードぽかった。経歴的には、ガンダムレビル将軍のようなもの。

 

やっぱ、ガンダム乗りたいなあ(脱線)

 

いまだに自転車乗ってても「ええい!」「やるな、ブライト!」「冗談ではない!」みたいなトミノ語が出てしまう。

 

今週は、月曜から金曜まで連続でお外に出たので、はなはだ疲弊した。

 

2月さえ乗り切れば、まずまず暖かくなる。

 

耐えろ!野良猫!

放尿に次ぐ放尿

野良猫

チャッラァァァ--ン!

 

こん平・・・コンペティション

 

漏れは、今日、世界に繋がり損ねました。なんとなく、オブラートが数枚、隔ててる感じがありました。

 

昼、ネコストップに特攻。寒いけど、ヨモビビリが箱の隣に座っていた。ボスが見えなかったので、箱をひっくり返したら、中にいた。テルアビ子、ハチワレンコ氏も出てきた。ついでに、たまにいる、でかいヨモギ猫のファットマン大佐も出てきた。いつも通り、エサを投擲。エサを投げるときはコントロール重視のため、手袋を脱ぐ。そのため、漏れも寒いから、必死である。少し吹雪いており、背景として絵になると判断、スマッホで写ッ真も撮ッるこつにしたばい!

不思議なことに、スマホを向けた瞬間から、まるでモデルでポーズを決めるかのように、各猫がそれぞれ動き始めた。

 

ボスはやはりゲスであり、ファットマン大佐の睾丸を凝視し、臭いをクンカクンカ、オス相手でも容赦しない、猫社会にもLGBTへの理解が浸透しつつあるのか、と思わされた。さらに、ハチワレンコ氏の睾丸も嗅ぐボス。もう、手当たり次第である。

 

ボスがソワソワし始めて、雪を掘り始め、ぷるぷるしていた。明らかに排泄の姿勢だ。なんだか猫は排泄してるときは、動きがシステマティックで、プレステのゲームみたいに見える。みんな同じ姿勢になる。ボスは、漏れの目の前でオシッコをしていました。漏れが4歳くらいのとき、幼なじみの女の子が、漏れの目の前でオシッコをしていたことを思い出しました。

 

ハチワレンコ氏も、自分の黒い毛が雪とコントラストを成すということを意識してなのか、雪山を背景にして座り込みます。アビ子は、スーファミ時代のファイナルファンタジーみたいなクールなポーズを決めていた。体も細めだし、顔の模様も複雑だから、モデルみたいだ。

 

ファットマン大佐は、自分の食いっぷりを見せつけたいのか、エサを豪快に食べてくれました。こいつも喧嘩は強そうなんだけど、ボスとの関係はどうなっているのかな。ボスはあんまり、喧嘩は強そうに見えない。意外と華奢だ。そういう点も、川谷絵音に通ずるものがある。

 

手の冷たさが限界にきたので、帰宅した。

 

と思ったけど、書き忘れで、ネコストップに行く前に、建物と建物の間の隙間に、ネコの隠れ家を発見した。夏から見かけている巨大トラネコ(いつも寿司屋の前にいて、和風の建物に絶妙にマッチしている)を追いかけて、住処を探ろうとしたら、隠れ家に逃げたので、住処を発見できました。

 

古い建物なので、壁に穴が空いてて、そこから床下に野良猫が侵入しているみたいだった。トムとジェリーなら、ジェリーが入る側の穴にネコが入ってゆく。たぶん、床下のネズミは全滅しただろうな。

 

ネコストップ周辺は、建物同士の隙間だらけで、猫たちの逃げ場に最適なところが複数ある。人間は入れない狭い通路に逃げれば、捕獲されたりしないから。だからなのか、岩見沢の繁華街に野良猫は多い。

 

最近は本当に野良猫が大好きだ。飼い猫とは違う魅力もある。特に毛色や柄、目の色の種類が豊富だから、それを確認していくだけでも楽しい。性格の差もある。

 

え?そういう(個性)は人間にだってあるだろうって?

 

人間は、むずかしいDEATHから・・・

 

もう、いいですか

 

(そういうとバスに乗り込んでいった)

♪I (don't) wanna (be) 放尿犯~

野良猫

整形外科に行ったついでに、ツルハとかいう、なぜか普通の店員まで白衣を着ているイメージ・プレイ的なドッラグスットアに行き、野良猫に対し投擲するためにエサを購入した。シーバとかいう、漏れも食べたくなるパッケージのエサ。そりゃあそうで、エサを買うのは人間マンなわけだから、まずは人間の購買心に訴求せねばなるまいて。

 

猫からしたら、エサは食えたら何でもいいんだと思う。

エサのパッケージを見ると、栄養面だとか、猫が好きそうとみんなが考えている味がたくさん書いてある。特に定番の魚介類。しかし、猫ってそもそも乾燥地帯とか山岳地帯で生まれたいきものだったはずだから、別に魚を食わないといけないわけではない。だから、猫にサザエさんのオープニングを聴かせても、あるあるネタにはなりにくいはず。おさかなくわえたドラネコ←たまたま食べただけ。本当はハトのほうが旨いニャー

 

天気がわりかし良かったので、何匹かは外に出ていると想定されたから、漏れもテンションを高めてネコストップに特攻をかけた。すると、ハチワレ猫のハチワレンコ=ネコヤノフ氏と、先日、ボスに操を奪われそうになった三毛猫♀のマッカビ・テルアビ子、ヨモビビリが歩道で遊んでいた。野良猫の遊び場が、車道がすぐそばの歩道というのが、なんだか心配になる。高齢ドライバーも多いですし、お寿司。。。

 

漏れが近づくと、テルアビ子以外は、エサを期待するような顔つきになったので、エサを放り投げた。猫は意外と視力が悪いから、かなり体に近いところに投げないとエサを見つけられない。それで、漏れの制球力も高まってしまった。

 

ボスが寝ていたので、ヨモビビリもエサを食べていた。序列の関係なのか、ボスが起きているときはヨモビビリはエサを食べない。まるで、相撲部屋である。

 

そんなこんなで、ハチワレンコに集中してエサを食わせて、帰宅した。

 

その途中で、駅前を歩いていたら、遠くに猫の歩く姿が見えた。漏れは興奮して早歩きし、発見した時刻を確認した。発見した地点に行くと、夏にも見かけたマッチョなハチワレが、駐車されてる車に尿をかけていた。どういうことなんだ。マーキングなのか?車をマーキングしても、動くと思うんだけども。

 

こいつは非常にマッチョな体型をしており、犬みたいな背中だ。とても余裕のある顔で、駅前を歩き回っている。おそらく、喧嘩が強いから、縄張りが広いのだろう。野良猫は去勢しないから、オスはどんどん屈強になってゆく。もし人間が襲われたら、けっこう怪我をしてしまうような、それくらいのガタイをしている。

 

そのハチワレが、道路を横断しようとしたら、車が通りかかった。どうするんだろう!?と思ってみていたら、特に何も無かった。車も、ネコが通るのを待っていた。漏れも、ハチワレの後を追って道路を横断した。どこに住処があるのか、追いたかった。しかしながら、スーツの男性二人がこっちに歩いてきていたので、ネコを追いかける頭のおかしな若者がいたという風説を流布されるのを阻止するため、漏れは急に無関心を装った。風説は恐ろしい。情報のリテラシーの無い人は風説をやたらに流してしまうし、解釈も加えて、どんどん変形させてゆく。

 

頭のおかしな若者がネコを追っていた、という風説が人を経由していくことで、最終的には「頭のおかしな若者がセーラームーンのコスプレをして、味噌を舐めていた」というようなものになる可能性だって、無いとは言えぬ。漏れがセーラームーンネタを多用するのは、あくまでネタであり、庵野監督に憧れていた中学生時代の名残りなのであります。

 

そして、帰りに、リンゴを買って帰宅。

 

保育園児の群れとすれ違った。漏れを見た幼児たちは、ヒゲモジャのおっさんを眺めて、現実を把握できないような顔をしていた。漏れは、視線を保育園児に向けただけでも、何らかのペナルティ、何らかの違反行為になる気がして、なるべく空を見ていた。

 

そのあと、スノーモービルで犬を併走させて散歩(散走?競馬の併せ馬みたいになってた)させる無茶なおじいさんがいた。犬も可愛い。でも、散歩がめんどうだ。散歩は一人でしたい。

 

早く春にならないかなあと思った。そしたら、もっと散歩がしやすくなる。雨の日がめんどうではあるが。春が来ても、別に変わらぬ日常だ。

 

岩見沢が、猫島ならぬ、猫シティになれば、いいのになあと夢想する。なぜこんなに猫が好きになったのだろう?まあ、友達おらんからね。

 

かめはめ波~~~~!!!!

 

(唐突なかめはめ波は、迷惑だからやめよう。気円斬にしよう!)